落ち込んだ時にスピリチュアル的にどう対処するのか?

落ち込んだ時にスピリチュアル的に
どう対処するのか?

実は、数年ぶりにかなり落ち込む出来事がありまして…。
私にしては珍しく、すぐに立ち直れずクダクダでした。

どうやって立ち直ったのかをお話していきたいと思います。

対処の仕方などを知っていると問題が起きても
短時間で解決できるようになりますよ。

落ち込んだ時に最初にするといいことは?

落ち込んだ時にどうやって立ち直ったかというと

まず、とことん落ち込むこと!

泣いても叫んでも愚痴ってもいい。
とにかく思いっきり感情を吐きだしてしまいます。

その時「こんなことで落ち込むなんて…。」
こんな風に自分を責めたりしないでね。

そして少し落ち着いたら
誰かに話しを聞いてもらったり、
「どうしてそんなに反応してしまったのか?」
その出来事を見つめ直します。

どうせ私はダメなんだ…と自己否定したり、
相手のせいにしてずっと落ち込んでいる時って、
自暴自棄になる方が自分と向き合わず
現実から逃げられるから楽なんですよね。

悲劇のヒロインにもなれるし、
可哀想と想って優しくして貰えるしね。

でもね、落ち込むときはその反対側にある
「本当はどうしたいか?」という本音が必ず潜んでいます。

だって本当のあなたはそうではないって
魂が知っているから落ち込むんですもの。

落ち込んだ時は必ず反対側に本音が潜んでいる?

落ち込んだ時、その反対側には本音が潜んでいます。

あなたの本音は?

本当は「そうじゃない」って解っている。
魂は本心に気付かせるために感情を揺さぶります。

でもね、本心と向き合うには勇気がいることだから…。
本当の自分を隠したり偽った方が
表面上は楽だから誤魔化して落ち込んでしまうのです。

落ち込んだとき、そこには必ずギフトがあります。

本当はどう在りたいのか?
自分の本音(使命)を知るチャンスでもあります。

例えば誰かに傷つくようなことを言われ落ち込んだ。

その言葉は本当にそうなの?
本当の自分はどうなの?
そう想っているの?

こんな風に自分に問いかけていきます。

そうするとね、本当はこう在りたい、
こうしたいという本音が出てきます。

そしたら本音をただ受け入れて認めてあげてください。

今回、私も自分の本音に気付くことができました。
そして相手に傷つけられたと想ったけどそうではなかった。


本音があなたを輝かすギフトになる!

相手に理解してもらえなかった
悲しさや寂しさが憤りを覚えて
傷ついたと感じるのです。

そこに気付くとスッと気持ちが楽になり、
相手に対しても冷静に見れるようになります。

何かをされた、何か言われて落ち込んだ時は、
自分の中に否定していることがあるから反応するのです。

自分が気にしていなければ
何を言われても落ち込みません。

そこを認めると心が穏やかになります。

落ち込んだ時は必ず反対側に本音があること!

その本音があなたを輝かすギフトになります。

そう想ったら、落ち込んでも少しは辛くなくなるでしょ?

「よし!本当の自分を見つけてやる~!」
こんな風に想うことで状況はどんどん好転していきます。

そして気付けば、落ち込んだことから
新たな発見や気付きがあったりします。

そうするとね、
不思議と相手に対して感謝が湧いたり、
さらに素敵なギフトがやってきます。

思いもしなかったことが叶ったり、
物事が良い方向へ動き出したりします。

これからも落ち込むことはあるかと思います。

その時に「必ずギフトがある」ことを
想い出して貰えたら嬉しいです♪ 

落ち込んだ時のまとめ

落ち込んだ時にどう対処するのか。

何事もそうなんですが、
対処の仕方など知っていると問題が起きても
短時間で解決できるようになります。

そして何より大切なのは、
すべて自分で選べる、選んでいるということです!

・落ち込んで誰かのせいにすることも
・自分自身と向き合い成長することも

どちらでも好きなように選べます。

そしてね、そのチョイスした方が
未来へと繋がって現実が変わっていきます。

今ここであなたが選んだことが未来を創っています。

だからいくらでも運命は
自分の手で変えることができるのです。

運命ってね、確実には決まっていないのよ。

生まれてきたときに
こういう体験しようとか決めてくるけど、
大まかにしか決まってないんです。

いつだってあなたが選んだことが未来に繋がり
運命を好きなように変えて行けるのです。

どうかこのことを頭の片隅に留めておいてくださいね。

どんなに闇に包まれても
最後は必ず光を選ぶようにしてみてね。

そうするとね、
神様がこっそり応援して
光へ導いてくれるのです♪

関連記事

  1. スピリチュアルは特別な能力ではありません!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。